中国「言行慎め」 米大統領の台湾防衛発言に反発

中国外務省の汪文斌報道官(共同)
中国外務省の汪文斌報道官(共同)

【北京=三塚聖平】中国外務省の汪文斌(おう・ぶんひん)報道官は23日の記者会見で、台湾で紛争が起きた場合に米国が防衛に関与するとの考えをバイデン大統領が示したことに対し、「強烈な不満と断固とした反対」を表明した。また、米側に「台湾問題で言行を慎み、『台湾独立』勢力に誤ったシグナルを出さないよう促す」と述べた。

汪氏は「主権や領土の保全など核心的利益に関わる問題で、中国にはいかなる譲歩の余地もない」と強調。さらに「必ず揺るぎない行動をとって自らの主権と安全の利益を守る。われわれは言ったことを必ず実行する」と米側に警告した。

バイデン氏「台湾防衛に関与」 首相、G7広島開催伝える

台湾防衛の「責任ある」 バイデン大統領が表明 「変更ない」と高官火消し(2021/10/22)

【黒瀬悦成の米国解剖】大統領の「失言」に刮目せよ(2022/4/19)

会員限定記事会員サービス詳細