キユーピー「野菜」の複合型施設 埼玉で29日開業

ジャガイモの収穫を体験できる「ヤサイな仲間たちファーム」の農園=23日午後、埼玉県深谷市(兼松康撮影)
ジャガイモの収穫を体験できる「ヤサイな仲間たちファーム」の農園=23日午後、埼玉県深谷市(兼松康撮影)

キユーピーは23日、埼玉県深谷市で29日に開業する「深谷テラス ヤサイな仲間たちファーム」の施設内を報道陣に公開した。「野菜」を前面に押し出した複合型施設で、収穫や調理を体験できるほか、旬の野菜を食材に用いたレストランも備える。

施設の面積の約3割に当たる約6千平方メートルは農園で占められ、ジャガイモなどの収穫を体験できる。収穫が可能な野菜は年間で200~300種に上る見通しだ。収穫した量に応じ、1人当たり1500~2千円程度の料金で持ち帰ることができる。

屋内の販売所では、深谷市や近郊の農家から仕入れた野菜や果物を常時50種類以上そろえて販売する。

「ヤサイな仲間たちファーム」は、関越自動車道花園インターチェンジ近くに整備された観光情報発信と農業振興の拠点「深谷テラス」の中核施設で、年間30万人の入園を目指している。

キユーピーの森佳光執行役員は「野菜の魅力を伝えることで、日本人の野菜摂取の促進に貢献したい」と意気込んだ。(兼松康)

会員限定記事会員サービス詳細