フォト特集

延長サヨナラで決めた 明大がV、6季ぶり41度目

延長サヨナラで優勝を決め、歓喜する明大ナイン=神宮球場(撮影・蔵賢斗)
延長サヨナラで優勝を決め、歓喜する明大ナイン=神宮球場(撮影・蔵賢斗)

東京六大学野球春季リーグ第7週第3日は23日、神宮球場で3回戦1試合が行われ、明大が立大に延長十一回、1―0でサヨナラ勝ちし、2勝1分けで勝ち点を5として6季ぶり41度目の優勝を決めた。10勝3敗2分けで全5校から勝ち点を挙げる完全優勝を達成。6月6日開幕の全日本大学選手権に出場する。

優勝を逃した立大は6勝4敗2分けの勝ち点3で全日程を終えた。

ギャラリーページで見る

明大は蒔田が10回4安打無失点と好投。十一回1死満塁で蓑尾の犠飛で決勝点を挙げた。立大打線は8回無失点だった荘司を援護できなかった。

リーグ戦方式は新型コロナウイルス感染拡大前に戻され、2勝先勝の勝ち点制で実施された。

会員限定記事会員サービス詳細