みなと銀元行員ら1億円超融資詐欺 兵庫県警、容疑で逮捕

兵庫県警本部=神戸市中央区
兵庫県警本部=神戸市中央区

営業実体のない清掃会社の決算報告書を偽造し、融資金約1億2千万円をだまし取ったとして、兵庫県警捜査2課などは23日、詐欺の疑いで、みなと銀行(神戸市中央区)の元行員、小谷康平容疑者(31)=神戸市北区=ら男3人を逮捕したと発表した。

ほかに逮捕されたのは、大阪市都島区の会社員、中條貴仁(44)と兵庫県尼崎市の無職、黒木一徹(31)の両容疑者。県警は3人の認否を明らかにしていない。

3人の逮捕容疑は共謀し昨年2~9月、中條容疑者を役員とする清掃会社の虚偽の決算報告書を作成し、みなと銀行から運転資金として計約1億2千万円の融資を受けたとしている。

県警によると、同社はペーパーカンパニーとみられる。みなと銀行が昨年秋から内部監査を進め、今年2月に刑事告訴していた。小谷容疑者は当時、みなと銀行の法人業務部に勤務していたが、自主退職した。

みなと銀行は「信用を第一とする金融機関としてこのような事態が発生したことは誠に遺憾。引き続き捜査には全面的に協力していく」とコメントした。

会員限定記事会員サービス詳細