日米首脳会談

首相、IPEFへの参加表明 7月に「経済版2プラス2」

日米首脳会談後の共同記者会見に臨む岸田首相=23日(AP)
日米首脳会談後の共同記者会見に臨む岸田首相=23日(AP)

日米両首脳は23日、会談後の共同記者会見で、米国主導の新経済圏構想「インド太平洋経済枠組み(IPEF)」の設立を歓迎する意向を示し、「日本はこれに参加し、協力していく」と述べた。その上で、「日本として、米国がTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)に復帰することを期待する」とも語った。

また、首相は経済面での日米の協力を拡大させるため、7月に閣僚級の日米経済政策協議委員会(経済版2プラス2)を開催することで一致したと明らかにした。

最先端半導体の開発を含む経済安全保障分野の協力や宇宙などに関する具体的な協力も申し合わせた。

ロシアによるウクライナ侵攻によりエネルギー・食料をめぐる状況が悪化している現状を踏まえ首相は、「G7(先進7カ国)をはじめとする同士国や国際機関と協力して対処していくことで一致した」と述べた。

会員限定記事会員サービス詳細