現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

千利休500年

「高弟」荒木村重との見えない絆

千利休の門弟の一人とされる戦国武将に現在の大阪府北部や兵庫県東部にあたる摂津国を治めた荒木村重(むらしげ)がいる。村重は天正6(1578)年、石山本願寺との紛争の最中にあった主君の織田信長に反旗を翻した。信長は村重の拠点、有岡城(兵庫県伊丹市)を攻撃。1年近くの攻防を舞台に描かれたのが、米澤穂信さんの直木賞受賞作「黒牢城」だ。有岡城は落ち、村重は毛利氏の支援で生き延びたが、妻子ら一族郎党は見せしめのため惨殺されたと伝わっている。

江戸時代に描かれた「太平記英勇伝」の荒木村重。織田信長が剣先に刺した饅頭を口にした器量を認められ、摂津の統治を許された逸話に基づく(兵庫県伊丹市立伊丹ミュージアム提供)
江戸時代に描かれた「太平記英勇伝」の荒木村重。織田信長が剣先に刺した饅頭を口にした器量を認められ、摂津の統治を許された逸話に基づく(兵庫県伊丹市立伊丹ミュージアム提供)

村重は後に剃髪(ていはつ)。本能寺の変で信長亡き後、大阪に戻って秀吉に仕えた。茶の道に入り、千利休のわびさびの枯れた世界を生き、後世、利休の高弟に数えられるまでの茶人となった。

「村重と利休は盛んに茶碗(ちゃわん)のやり取りをしていたことは茶碗の箱などに残る記録からも伝わり、近しい関係であったことはうかがえます」と、伊丹市文化財担当の中畔(なかぐろ)明日香さんは話す。ただ、明確に「師弟関係」をうかがわせる史料は確認できていない。

教養と人脈で頭角

ランキング

  1. 紅葉名所で下半身露出疑い、男女を逮捕 月250万円収入か

  2. <独自>中学教員の「体罰」事案を放置 堺市教委

  3. 「3期が一つの区切り」尼崎市の稲村市長、退任の意向表明

  4. 産婦人科医師が3800万円脱税疑い 名古屋国税局が告発

  5. 【編集日誌】「ぜん」「まえ」どちらが正解

  6. 【大阪ウェイバック in 1922】(4)一文無しから起業 グリコ・江崎利一と松下幸之助の邂逅

  7. 【ぬぐえぬ影 連続児童殺傷20年(上)】「命がけで来てんだよな」元少年A、直撃の文春記者に態度豹変 闇に消えたのは「モンスター」なのか

  8. 【教えて!goo】乳首から太い毛が!抜いてもOK?そもそもなぜ生える?

  9. 【関西の議論】17歳少女を襲った悲劇 言葉を失う子宮頸がんワクチンの副作用 「娘を助けて」母親の悲痛な叫びに…

会員限定記事