豪新首相、中国との関係「困難なもの」 就任のアルバニージー氏

23日、オーストラリアの首都キャンベラで握手するアルバニージー新首相(左)とハーレー連邦総督(Lukas Coch/AAP Image、AP=共同)
23日、オーストラリアの首都キャンベラで握手するアルバニージー新首相(左)とハーレー連邦総督(Lukas Coch/AAP Image、AP=共同)

【シドニー=森浩】オーストラリア総選挙で勝利した労働党のアルバニージー党首が23日午前、首都キャンベラで宣誓し、首相に就任した。24日に日本で日米豪印の協力枠組み「クアッド」首脳会合に参加する。

就任後の記者会見でアルバニージー氏は、中国との関係は「困難なものだ。それは変わらない」と指摘した。「変化したのは中国であって、豪州ではない。豪州は常に(民主主義などの)私たちの価値観を守るべきだ」と述べた。中国に対し、モリソン前政権が取った強硬姿勢を継続する姿勢を改めて示した。

クアッド首脳会合については、「豪州に新政権が誕生したことを世界に発信する重要なものだ。(新政権は)民主主義を尊重し、友情や同盟関係を大切にする」と述べた。外相にはペニー・ウォン上院議員が就任し、アルバニージー氏の訪日に同行する。

会員限定記事会員サービス詳細