「横綱を見習って」3大関に苦言 横審に紺野委員ら初出席

横綱審議委員会の定例会合に出席した池坊保子委員=23日、東京・両国国技館(日本相撲協会提供)
横綱審議委員会の定例会合に出席した池坊保子委員=23日、東京・両国国技館(日本相撲協会提供)

日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会(横審)は23日、東京・両国国技館で定例会合を開き、7度目の優勝を遂げた照ノ富士について、高村正彦委員長(元自民党副総裁)は「心身ともに大変な状況の中で、最後はしかるべき成績を残してくれた」と賛辞を贈った。

新委員となった俳優の紺野美沙子さん、元文部科学副大臣の池坊保子さんは初出席。紺野委員は後半戦で巻き返した一人横綱を「横綱の責任を果たされた。心技体がますます充実してこられた」とたたえた。

不振の3大関には厳しい意見が出た。勝ち越しは貴景勝だけで、御嶽海と正代は負け越し。池坊委員は「照ノ富士の相撲魂みたいなものを少し見習ってほしい」と苦言を呈した。

会員限定記事会員サービス詳細