現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

5月23日

ロシアの対ナチス・ドイツ戦勝記念日の式典で演説するプーチン大統領=9日、モスクワ(ロイター=共同)
ロシアの対ナチス・ドイツ戦勝記念日の式典で演説するプーチン大統領=9日、モスクワ(ロイター=共同)

北海道・知床半島沖で沈没した観光船「KAZU Ⅰ(カズ・ワン)」の引き揚げ作業が本日から始まる。深さ120メートルの海底の現場で重要な役割を果たしているのが「飽和潜水」とよばれる特殊な技術である。潜水士が深海の高い圧力に適応できるよう、加圧された部屋で体を適応させてから、海中に送り出す。

▼作業に当たるのは民間企業のダイバーだが、海上自衛隊でも日夜、研究と訓練が行われている。潜水艦が万一事故を起こした場合、乗員を救い出すのになくてはならないからだ。日本の飽和潜水の技術は世界のトップクラスにある。

▼2000年8月にロシア海軍の原子力潜水艦「クルスク」が沈没、乗員118人全員が死亡した事故では、救助要請があればすぐ出動できるように準備していたそうだ。クルスクは水深108メートルの海底で発見された。ロシアには深海での救難作業に必要な装備がなかったにもかかわらず、当初は他国からの援助を拒否していた。

ランキング

  1. 【宮家邦彦のWorld Watch】因果応報のバイデン政権

  2. 【産経抄】6月30日

  3. 【多面鏡】止まらぬ無差別殺傷 「無敵の人」を生んだのは誰か 東京社会部長・酒井孝太郎

  4. 韓国の海自・旭日旗掲揚拒否問題 前統合幕僚長が明かした本音

  5. 【主張】参院選と年金 不安解消の具体的道筋を

  6. 【直球&曲球】葛城奈海 お米の力で日本を強くする

  7. 【浪速風】フェルメールの絵で謎解きを

  8. 【正論】「第2の開国」に向け制度設計を 日本財団会長・笹川陽平

  9. 【主張】G7サミット閉幕 対露圧力を世界に広げよ

  10. 【主張】重信房子氏の出所 彼女はヒロインではない

会員限定記事