現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

5月23日

ロシアの対ナチス・ドイツ戦勝記念日の式典で演説するプーチン大統領=9日、モスクワ(ロイター=共同)
ロシアの対ナチス・ドイツ戦勝記念日の式典で演説するプーチン大統領=9日、モスクワ(ロイター=共同)

北海道・知床半島沖で沈没した観光船「KAZU Ⅰ(カズ・ワン)」の引き揚げ作業が本日から始まる。深さ120メートルの海底の現場で重要な役割を果たしているのが「飽和潜水」とよばれる特殊な技術である。潜水士が深海の高い圧力に適応できるよう、加圧された部屋で体を適応させてから、海中に送り出す。

▼作業に当たるのは民間企業のダイバーだが、海上自衛隊でも日夜、研究と訓練が行われている。潜水艦が万一事故を起こした場合、乗員を救い出すのになくてはならないからだ。日本の飽和潜水の技術は世界のトップクラスにある。

▼2000年8月にロシア海軍の原子力潜水艦「クルスク」が沈没、乗員118人全員が死亡した事故では、救助要請があればすぐ出動できるように準備していたそうだ。クルスクは水深108メートルの海底で発見された。ロシアには深海での救難作業に必要な装備がなかったにもかかわらず、当初は他国からの援助を拒否していた。

ランキング

  1. 【産経抄】7月4日

  2. 【異論暴論】8月号好評販売中 電力と国家 衰退へ突き進むのか

  3. 【田村秀男の経済正解】中露はG7首脳声明をせせら笑う

  4. 【正論】魂の入った「危機管理庁」構築を シカゴ大学名誉教授・中村祐輔

  5. 【主張】G7「気候クラブ」 仲良し会ではあり得ない

  6. 【主張】拉致と参院選 解決への意思を熱く競え

  7. 【世界の論点】ウクライナのEU加盟候補国入り

  8. 【産経抄】7月3日

  9. 【産経抄】7月2日

  10. 【日曜に書く】論説委員・木村さやか 「マジ神」はヒトかAIか

会員限定記事