イラン大統領「間違いなく報復する」 革命防衛隊の大佐暗殺

イランのライシ大統領(ロイター)
イランのライシ大統領(ロイター)

イランの首都テヘランで22日、最高指導者に直属する革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」の大佐がオートバイに乗った2人組に自宅前で銃撃され、死亡した。

イランのライシ大統領は23日、国際的組織が関与した暗殺だと非難し、「間違いなく報復する」と述べた。複数のイランメディアが伝えた。

革命防衛隊は22日、敵対するイスラエルの諜報機関につながる反体制派の集団を摘発したと発表しており、同国との間で緊張が高まる恐れもある。

(カイロ 佐藤貴生)

会員限定記事会員サービス詳細