日米首脳会談

首相、バイデン氏の訪日「心から歓迎」 会談冒頭やり取り全文

首脳会談で握手する岸田首相(右)とバイデン米大統領=23日午前、東京・元赤坂の迎賓館
首脳会談で握手する岸田首相(右)とバイデン米大統領=23日午前、東京・元赤坂の迎賓館

岸田文雄首相は23日のバイデン米大統領との首脳会談で、今回の訪日について「いかなる状況でもインド太平洋への米国の関与を示すもので、心から歓迎する」と述べた。両首脳の冒頭のやり取りは次の通り。

首相 バイデン氏の大統領就任後、最初の訪日を心から歓迎したい。今回の訪日はいかなる状況でも米国がインド太平洋地域への関与を強化し続けることを示すものであり、心から歓迎申し上げる。

ロシアによるウクライナ侵略は、国際秩序の根幹を揺るがすものであり、このような力による一方的な現状変更の試みは世界のどこであっても、絶対に認められない。このようなときだからこそ、基本的価値を共有する日米両国で法の支配に基づく自由で開かれたインド太平洋の実現に向けて国際社会をリードしていきたい。

そのために、今回のバイデン氏の訪日、そして日米首脳会談が意味あるものになることを心から期待をしたい。

バイデン氏 このたびはお招きを感謝する。皆さんとこのような場で日本と米国のさらなる対話を続けられることを非常にうれしく思っており、われわれの同盟を世の中にポジティブな力として発揮していけることをうれしく思う。

日米同盟は長きにわたり、インド太平洋の平和と繁栄の礎となっており、米国の日本に対する防衛のコミットメントが揺らぐことはない。この先の試練にも一緒に取り組みたい。

新しいインド太平洋経済枠組み(IPEF)を模索する。諸国との協力を増すだけではなく、揺るがない利益をインド太平洋地域の方々に提供すべく、立ち上げられるものだ。

日本は重要な世界のリーダーであり、先進7カ国(G7)のパートナー国と一緒に(ロシアの)プーチン大統領にウクライナ侵攻での説明責任を負わせる立場にある。岸田首相のリーダーシップおよびウクライナ人に対するサポートに心から感謝申し上げる。

(日米とオーストラリア、インドの4カ国による協力枠組み)クアッドの主催も感謝する。われわれ2国は素晴らしい民主主義国家だが、インド太平洋地域でこの先、何かできることがないのかということを模索している。今後、一緒に協力をしていけることを楽しみにしている。数日にわたり対話を深めることも楽しみにしている。

会員限定記事会員サービス詳細