現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

千利休500年

「へうげもの」織部 茶の湯発展させたパロディーセンス

「天下一の茶の湯者」として君臨した千利休の亡きあと、豊臣秀吉が茶頭(さどう)として後継としたのは、武将の古田織部(おりべ)(1543~1615年)であった。織部は利休の弟子だが、静謐(せいひつ)で端正な「利休好み」とは対照的ともいえる茶の湯の世界をひらく。その美意識は「へうげもの」(「ひょうげもの」と読む)という言葉に象徴される。

「セト茶碗(ちゃわん)、ヒツミ候也(そうろうなり)。ヘウケモノ也」

京都伏見の織部邸に西国大名の毛利秀元らを招いた慶長4(1599)年の茶会の記録に、その表現が初めて登場する。同席した博多の豪商、神屋(かみや)宗湛(そうたん)が常識外れのゆがんだ茶器を見て驚き、記した。「ヘウケモノ」とは、ひょうきんなものといった意味だ。ゆがんでいたり、焼き損ないだったり…。織部の茶会のひょうげたものは茶入、花入、水指(みずさし)など多岐にわたった。

ランキング

  1. 大阪・富田林の団地に2歳女児遺体 死亡の経緯捜査

  2. 電車に乗り合わせた18歳女性を尾行、強制性交未遂疑い 38歳男逮捕

  3. 【大阪から世界を読む】娘は洗濯機に入れて回され、唐辛子10本を口に入れられ、腹を20回以上踏まれて死んだ…韓国の「鬼母」、社会の無力

  4. しつこい勧誘で業務停止命令 神戸の住宅リフォーム会社 消費者庁

  5. 【教えて!goo】乳首から太い毛が!抜いてもOK?そもそもなぜ生える?

  6. 尼崎USB発見 委託業者、ダークウェブへの情報流出を調査

  7. 【関西の議論】失敗したら死…延暦寺の荒行「千日回峰行」、一日体験で悟ったこと

  8. 【ぬぐえぬ影 連続児童殺傷20年(上)】「命がけで来てんだよな」元少年A、直撃の文春記者に態度豹変 闇に消えたのは「モンスター」なのか

  9. 「ダメ。ゼッタイ。」の限界 市販薬過剰摂取の実態は

  10. 【関西の議論】京の元芸妓が明かす「昇る男」と「沈む男」の差は…領収書チェック、ブランドの服、肌の美しさ

会員限定記事