なぜトヨタのミニバンはスゴいのか  新型ノア&ヴォクシーを考える

トヨタのクルマづくりの奥深さを、世良耕太が考えた!

ブレないクルマづくり

4代目にあたる新型トヨタ・ノア/ボクシーは今年1月13日に発売された。前年に先行受注を開始してから1ヵ月経過した時点での受注は3万台を超えていたという。新型の月販基準台数(月販販売目標台数)はノアが8100台、ボクシーが5400台で、合わせて1万3500台だ。つまり、月販目標台数の2倍を超える台数を発売前に受注していたことになる。注文した人たちは、実車はおろか、新型がどんな形になるか詳細を確認せず注文したことになる。

大胆な賭けにも感じられるが、発売前に注文した人たちはトヨタが開発するミニバンの出来に全幅の信頼を置いており、不安など一切抱いていないのだろう。開発責任者はこう言った。

「2001年11月に発売された初代ノア/ボクシーは、ファミリーのお客様に喜んでいただけるうれしさを徹底的に追求したミニバンとして開発されました。それから20年間、そのコンセプトはノア/ボクシーの変わらない軸として受け継がれ、お客様の声をいただきながら常に進化を続けてきました」

初代から2代目、2代目から3代目と進化を遂げる過程で、使いやすさを追求したクルマづくりの軸はぶれることがないとの認識が定着した。

だから、実車も見ず、内容をつぶさに確認しなくても、「大丈夫だ」と、自信を持って注文できるのだ。

ミニバンはファミリー向け。だから、子育てが終わったらユーザーはミニバンから卒業するのだろうと、筆者は勝手に思い込んでいた。もちろんそういうユーザーは多いが、既存ユーザーの半数は新しいノア/ボクシーに乗り換えるという。

「なんでも載せることができて、気軽に使える便利さ」が、乗り継ぐ理由だと、開発サイドは分析している。

それにしても、ノア/ボクシーからノア/ボクシーへの乗り換えは、開発サイドが想像するより多いという。よほど、厚い信頼を得ているとみえる。

乗って快適

その信頼に応えるべく、新型は「もっといいミニバンとは何か」を徹底的に考え、4つのポイントに集約して開発した。

ひとつめは「乗って快適」であること。新型はトヨタの新世代プラットフォームであるTNGAを採用し、車体骨格をしっかりさせた。

より正確にいえば数あるTNGAプラットフォームのなかでGA-Cプラットフォームを使っている。2015年の「プリウス」を手始めに、「カローラ」シリーズや「C-HR」、レクサス「UX」などがこのプラットフォームを採用している。

GA-Cを採用したのは、「気持ち良い走り」と「乗り心地の向上」のためだ。ただ、このプラットフォームは全幅1760mmで設計されているのが、開発陣にとっては悩ましかった。プラットフォームを真っ当に受け継いで設計すると、新型ノア/ボクシーの全幅は1760mmになってしまう。

会員限定記事会員サービス詳細