世界的な半導体不足にガソリン価格の急騰が追い打ち、EVの中古車価格に“異変”が起きている

米国の中古車市場で、電気自動車(EV)の価格が異例の上昇基調を続けている。原因は世界的な半導体不足だけではない。ロシアによるウクライナ侵攻の影響でバッテリーの原材料供給が滞って新車の生産が大幅に遅れ、ガソリン価格が急騰したことも追い打ちをかけている。

テスラの「モデルY」をデイヴィッド・コットレルが39,999ドル(約520万円)で購入したのは、2021年2月のことだった。とてもいい小型の電気自動車(EV)だったと彼は言う。

ところが購入してわずか数カ月後、オンライン中古車販売店のサイトで年式と車種を試しに入力してみたところ、目を疑うような買取査定額が出た。なんと購入価格を10,000ドル(約130万円)以上も上回る価格で買い取ってもらえることがわかったのである。

コットレルと妻は故郷のシアトルに家を買おうと考えていたタイミングだったことから、“臨時収入”が入るならと、売却を即決。6月には51,000ドル(約665万円)でテスラを売り、ちょっとした利益を手にすることになった。

それなのに、あのとき売却してしまったことを、コットレルは少し後悔している。

新居は気に入っているし、リビアンの電動ピックアップトラックが夏に納車されるのも楽しみだという。しかし、売却したモデルYを今年4月に改めてオンライン中古車販売店で査定してみたところ、その額は売却額をわずか2,000ドル下回っただけだったのだ。売却後にコットレルが走行したであろう20,000マイル(約32,000km)を考慮しての査定額である。「モデルYを手放さずにいたら、シアトルでも1年は乗り回せました。それでも、さほど変わらない額で売却できたはずです」

前代未聞の中古車市場

クルマの価値は一般的には、時間の経過とともに下がるものと相場が決まっている。だからこそ、中古車は一般的に新車より安い。

ところがいま、米国では逆転現象が起きている。コロナ禍が招いた供給不足とインフレという不利な条件が重なり、中古の乗用車やピックアップトラックの価格が急騰しているのだ。米労働省労働統計局によると、22年3月の中古車価格は前年同月比で35%も上昇している。

会員限定記事会員サービス詳細