三社祭、台車でみこし巡行 活気徐々に

新型コロナウイルスの影響で3年ぶりの開催となった三社祭=22日午前、東京都台東区(岩崎叶汰撮影)
新型コロナウイルスの影響で3年ぶりの開催となった三社祭=22日午前、東京都台東区(岩崎叶汰撮影)

東京の初夏の風物詩として知られる浅草神社(東京都台東区)の三社祭が22日、最終日を迎え、みこし3基が連なって周辺の町を練り歩いた。新型コロナウイルス対策で、人が担ぐ「渡御(とぎょ)」ではなく、台車に載せ、押して巡行。勇壮なかけ声や手拍子はなかったが、沿道は住民や見物客らが詰めかけ、写真に収めるなどして活気に包まれた。

みこしは同日午前、境内の外へ繰り出す「宮出し」の後、「曳台」と呼ばれる台車に載せられた。重さが約1トンあり、通常は1基を約100人で担ぐが、町会ごとに住民らが「密」にならないよう10人前後で曳台を押し、隣の町会へとつないだ。

コロナ禍の影響で、令和2年はトラックに載せて巡行し、3年はみこし自体が中止となった。「浅草馬二町会」から参加した会社経営の菱沼宏一さん(75)は「3年ぶりにみんなで力を合わせて巡行できたのは良かった」と笑顔を見せた。

会員限定記事会員サービス詳細