トルコ「具体的措置」要求 北欧2国と電話会談

トルコのエルドアン大統領(ロイター=共同)
トルコのエルドアン大統領(ロイター=共同)

トルコのエルドアン大統領は21日、北大西洋条約機構(NATO)に加盟申請した北欧スウェーデンのアンデション首相と電話会談し、トルコが示す安全保障上の懸念に「具体的な措置」を講じるよう強く要求した。同時に加盟申請したフィンランドのニーニスト大統領とも電話会談した。トルコ大統領府が発表した。

北欧2国が18日に加盟申請して以来、加盟に反対するエルドアン氏と、北欧2国の首脳との会談はいずれも初めて。アンデション氏は会談後、ツイッターに投稿し「平和や安全保障、テロとの戦いを含め、(トルコとの)2国間関係を強化することを望んでいる」と訴えた。ニーニスト氏もツイッターで「フィンランドはあらゆる形態のテロを非難する」と強調した。

エルドアン氏は電話会談でニーニスト氏に対し、フィンランドの態度は「友好と同盟の精神と相いれない」と抗議した。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細