スーパーカーが京都に集結 北野天満宮で交通安全願う

ランボルギーニなどのスーパーカーにおはらいをする北野天満宮の神職=22日、京都市上京区
ランボルギーニなどのスーパーカーにおはらいをする北野天満宮の神職=22日、京都市上京区

イタリアの高級車ランボルギーニなどのスーパーカー35台が22日、北野天満宮(京都市上京区)に集まり、オーナーらが交通安全を祈願した。天満宮が祭る学問の神様・菅原道真の神の使いがランボルギーニのエンブレムと同じ牛という縁にあやかった。

オーナーらは愛知や大阪、兵庫などから参加。本殿で祈願した後、神職がスーパーカーの前でおはらいをした。天満宮の駐車場には1960年代以降のポルシェやフェラーリなど色とりどりの車がずらりと並び、見学に来た人たちも撮影やオーナーらとの交流を楽しんだ。

氏子で自動車ライターの西川淳さん(56)の呼びかけで平成27年から実施。新型コロナウイルスの影響で、令和元年以来3年ぶりの開催となった。西川さんは「スーパーカーには爆音やあおり運転の印象も持たれがち。こうした場を通じて『文化的だよね』と思ってもらいたい」と力を込めた。

天満宮の東川楠彦権禰宜(ごんねぎ)は「オーナーが集まって祈願することで安全運転につながれば」と話した。

会員限定記事会員サービス詳細