現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

5月22日

用事はないが、東京から大阪へ汽車で行く。その費用を内田百閒は人から借りて旅に出た。作家は言う。それだけのお金が自分のものなら、「丸で意味のない汽車旅行につかい果たす事は思い立たないであろう」 

▼鉄道文学の白眉『特別阿房(あほう)列車』である。百閒には返さねばならないお金という頭があり、旅の折々に「予算」という節度のたがが現れては放蕩(ほうとう)を自重する。ときに踏み外すことはあれ、破滅の色はない。お金の手触りやにおいを知る人の心の温度を筆致が伝える。

▼時節柄、思い浮かぶのはネットカジノという仮想の賭場で約4600万円の大金を蕩尽したとされる、山口県阿武町の容疑者(24)である。誤って振り込まれた給付金に手をつける背徳感や罪の意識もそうだが、お金を注ぎ込んでいる実感があったかどうかも怪しい。

ランキング

  1. 【田村秀男の経済正解】中露はG7首脳声明をせせら笑う

  2. 【産経抄】7月3日

  3. 【宮家邦彦のWorld Watch】因果応報のバイデン政権

  4. 【日曜に書く】論説委員・木村さやか 「マジ神」はヒトかAIか

  5. 【主張】参院選と物価高 対症療法で不安拭えるか 財源なき消費減税は無責任だ

  6. 【新聞に喝!】露の「被害者歴史観」を宣伝する朝日 元東京大学史料編纂所教授・酒井信彦

  7. 【正論】「強い日本」への時代の転換点 麗澤大学教授・八木秀次

  8. 【湯浅博の世界読解】中国衰退の足音が聞こえる

  9. 【主張】重信房子氏の出所 彼女はヒロインではない

  10. 韓国の海自・旭日旗掲揚拒否問題 前統合幕僚長が明かした本音

会員限定記事