大谷は4打数2安打 5試合ぶりの複数安打

アスレチックス戦の1回、内野安打を放つエンゼルス・大谷。投手モンタス=アナハイム(共同)
アスレチックス戦の1回、内野安打を放つエンゼルス・大谷。投手モンタス=アナハイム(共同)

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平は21日、アナハイムでのアスレチックス戦に「1番・指名打者」で先発出場。4打数2安打で5試合ぶりの複数安打を記録した。打率は2割5分5厘。

一回先頭の第1打席は三塁内野安打で出塁。三回2死走者なしの第2打席は一ゴロ。六回先頭の第3打席は左前安打で塁に出て満塁からマーシュの押し出しで2点目のホームを踏んだ。ベラスケスの2号2ランの後の七回無死走者なしの第4打席は遊ゴロだった。

チームは5-3で勝ち、連敗を4で止めた。

会員限定記事会員サービス詳細