関東学生陸上は三浦初V、黒川2連覇

男子5000メートル決勝 13分42秒35で優勝した三浦龍司(8)=国立競技場
男子5000メートル決勝 13分42秒35で優勝した三浦龍司(8)=国立競技場

陸上の関東学生対校選手権最終日は22日、国立競技場などで行われ、男子5000メートル決勝は東京五輪3000メートル障害7位の三浦龍司(順大)が13分42秒35で初優勝した。男子400メートル障害決勝は東京五輪代表の黒川和樹(法大)が49秒22で2連覇した。

男子ハーフマラソンは藤本珠輝(日体大)が1時間2分20秒の大会新記録で快勝。200メートルの男子は鵜沢飛羽(筑波大)が20秒77で制し、女子は宮武アビーダラリー(日体大)が24秒04で2大会ぶりに勝った。女子3000メートル障害は吉村玲美(大東大)が10分0秒86で2年連続3度目の優勝を果たした。対校得点は男子が日大、女子は日体大が制した。

関東学生陸上男子5000制した三浦 不意打ち動じず磨いたキレ発揮


会員限定記事会員サービス詳細