近鉄大阪線の踏切で高齢男性がはねられ死亡 

22日午前8時50分ごろ、大阪府東大阪市横沼町の近鉄大阪線俊徳道-長瀬間の踏切で、高安発大阪上本町行き普通電車(6両編成)に高齢男性がはねられ死亡した。乗客約100人にけがはなかった。

大阪府警布施署によると、運転士が線路上で横たわる男性を発見し、急ブレーキをかけたが間に合わなかった。近鉄によると、現場は遮断機と警報機がある踏切で、いずれも正常に作動していたという。

この事故の影響で、同線は大阪上本町-高安の上下線で一時運転を見合わせた。

会員限定記事会員サービス詳細