バイデン氏、今夕訪日 韓国空軍作戦司令部を視察

21日、ソウルで会談後、共同記者会見を行う韓国の尹錫悦大統領(右)とバイデン米大統領(ロイター)
21日、ソウルで会談後、共同記者会見を行う韓国の尹錫悦大統領(右)とバイデン米大統領(ロイター)

【ソウル共同】訪韓中のバイデン米大統領は22日、ソウル南方の烏山米空軍基地を訪れる。韓国空軍作戦司令部航空宇宙作戦本部(KAOC)を韓国の尹錫悦大統領と共に視察。同日午後、日本に向け出発する予定。

韓国メディアによると、KAOCは、朝鮮半島全域の航空作戦における指揮を担う。米韓連合防衛の最前線である場所に両氏が訪れ、会談で確認した強固な米韓同盟を北朝鮮側に示す狙いがあるとみられる。

バイデン氏と尹氏は21日の首脳会談で、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮の脅威に対処するため日米韓3カ国の協力が重要だとの認識で一致。バイデン氏は韓国防衛に向けて「核の傘」を含む抑止力強化を約束。安全保障分野だけでなく、中国を念頭に経済分野での連携強化も宣言した。

会員限定記事会員サービス詳細