TPP加盟に改めて意欲 中国、デジタル協定も

中国の王文濤商務相
中国の王文濤商務相

中国の王文濤商務相は21、22日にオンライン形式で出席したアジア太平洋経済協力会議(APEC)貿易相会合で、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)とデジタル経済連携協定(DEPA)への加盟を「引き続き推し進める」と述べ、加盟に改めて意欲を示した。中国商務省が22日発表した。

中国は昨年、TPPとDEPAへの加盟を申請。王氏は「世界、地域経済の安定、発展に推進力を与える」と訴えた。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細