MTで最新ポルシェを操る歓び──新型911カレラGTS試乗記

最新の「911カレラGTS」を小川フミオが試乗した。MTならではの操る歓びとは?

なににも代えがたい魅力

最高のスポーツカーが欲しかったら、なにはともあれ、ポルシェの911に乗らなくては!

いま、パワーユニットの電動化が進んで、スポーツカーも多様になっている。「タイカン」という超パワフルな電気自動車を手がける、当のポルシェが、2021年6月に日本でも受注開始し、2022年から日本の路上を走り出した「911カレラGTS」は、911の魅力を堪能できるモデルだ。

最新の911カレラGTSは、ひとことでいうとカレラ・シリーズの頂点だ。先代より21kW(30ps)アップした353kW(480ps)のパワーでみると、上には、427kW(580ps)の「911ターボ」がきてしまう。GTSの下に位置するのは「911カレラS」(331kW/450ps)だ。

もうひとつ、今回のGTSの特徴は、後輪駆動モデルに、7段マニュアル変速機が用意された点だ。オートマチック変速機の感覚で操縦できる「PDK」というツインクラッチ式の変速機が標準仕様になる。この設定はうれしい。

加速性能でいえば、PDK仕様の場合、静止から100km/hまでの加速が3.4秒であるのに対して、ドライバーがクラッチを切ってギアを変えていくマニュアルだと4.1秒かかる。技術の進歩ってすごいのだ。

でも、でもなんですよ、4.1秒っていうのは、じゅうぶんに速い。そしてなにより、2981ccの水平対向6気筒ガソリンツインターボ・エンジンのものすごいパワーを、自分でコントロールできる感覚はマニュアル変速機だとはるかに強く感じられる。そこが、なににも代えがたい魅力なのだ。

MTの醍醐味

911はポルシェの看板スポーツカーなので、どうしても、数値で語られることが多い。でも、1度でも乗った人ならよーくおわかりのように、誰だってこのクルマを評価するのに使う表現は「すばらしく楽しい!」だろう。

GTSのマニュアル変速機は、カチカチときもちよい操作感をもっている。ギアとギアの間は短いし、動かすのにそう大きな力を必要としないため、手首をセンターコンソロールに固定したまま、腕を動かさずにシフトできるほど。

会員限定記事会員サービス詳細