仏新内閣発表 外相に駐英大使

フランスの新外相に決まったカトリーヌ・コロナ氏=2006年12月、ブリュッセル(AP=共同)
フランスの新外相に決まったカトリーヌ・コロナ氏=2006年12月、ブリュッセル(AP=共同)

フランス大統領府は20日、新内閣の閣僚名簿を発表した。外相には駐英大使を務めてきたカトリーヌ・コロナ氏が起用された。

コロナ氏は外交官出身。保守系のシラク政権で2005~07年に欧州担当相を務めた。国防相にはセバスチャン・ルコルニュ海外県・海外領土相が就任した。ブルーノ・ルメール財務相、ジェラルド・ダルマナン内相は留任する。

マクロン大統領が4月に再選されてから、新内閣発足までに4週間近くを要した。16日にはエリザベット・ボルヌ首相が就任している。(パリ 三井美奈)

会員限定記事会員サービス詳細