露閣僚の発言中、日米抗議で退席 APEC会合

APEC貿易相会合に出席した萩生田経産相=21日、バンコク(タイ政府提供・共同)
APEC貿易相会合に出席した萩生田経産相=21日、バンコク(タイ政府提供・共同)

日米中露など21カ国・地域が参加するアジア太平洋経済協力会議(APEC)貿易相会合が21日、タイの首都バンコクで始まった。議長国タイの当局者によると、ウクライナで侵攻を続けるロシアから出席したレシェトニコフ経済発展相の発言中、抗議の意志を示すため日米など5カ国が退席した。

会合は新型コロナウイルス禍後の貿易促進やエネルギー価格の高騰について22日まで討議し、連携を確認する。ウクライナ侵攻を巡っても協議されるとみられる。ただ、ロシアへの非難で参加国の対応は割れており、共同声明が出せない可能性も指摘される。

貿易相会合の対面での開催は3年ぶりで、日本からは萩生田光一経済産業相が出席した。タイ当局者によると、退席したのは日米の他にカナダとオーストラリア、ニュージーランド。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細