夕食会料理は米韓〝共演〟 「反日」メニューなし

21日、ソウルで初会談し、握手するバイデン米大統領(左)と韓国の尹錫悦大統領(大統領府提供・共同)
21日、ソウルで初会談し、握手するバイデン米大統領(左)と韓国の尹錫悦大統領(大統領府提供・共同)

バイデン米大統領をもてなす21日の米韓首脳会談後の夕食会には、米国産牛肉を韓国風に味付けしたカルビ焼きや、米カリフォルニア州ナパバレーで韓国人が経営するワイナリーのワインが出されるなど、米韓の〝共演〟が演出された。

韓国産マツタケのおかゆや山菜ビビンバのほか、米国産ナッツやオレンジのデザートも並んだ。韓国で食後によく飲まれるウメの実ジュースも振る舞われた。韓国大統領府は「遠路、お疲れの米大統領の疲労回復にと準備された」と説明した。

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)前政権は2017年、トランプ前米大統領の訪韓時の夕食会で、韓国が不法占拠する竹島(島根県隠岐の島町)の韓国名「独島(トクト)」を冠したエビの料理を出し、日本の反発を招いた。それに対し、日米韓協力を重視する尹錫悦(ユン・ソンニョル)政権のもてなしは、いたって常識的なものとなった。(ソウル 桜井紀雄)

会員限定記事会員サービス詳細