最後のバーディーで予選通過した星野「優勝パットくらい緊張した」 全米プロゴルフ

第2ラウンド、9番でバーディーパットを決める星野陸也。通算4オーバー=サザンヒルズCC(共同)
第2ラウンド、9番でバーディーパットを決める星野陸也。通算4オーバー=サザンヒルズCC(共同)

■男子ゴルフのメジャー第2戦、全米プロ選手権で決勝ラウンドに進んだ星野陸也の話「予選通過を決めた最後(9番)のバーディーパットは、優勝パットを入れるくらい緊張した。汗が噴き出した。ピンチが多かったが、ショートゲームとパットで耐えた。去年のこの大会はぼろぼろだったので良かった」(共同)

会員限定記事会員サービス詳細