中日の根尾外野手がプロ初登板 1回無失点、最速150キロ

8回、中日・根尾昂が投手としてマウンドに上った=マツダスタジアム(林俊志撮影)
8回、中日・根尾昂が投手としてマウンドに上った=マツダスタジアム(林俊志撮影)

中日の根尾昂外野手が21日、マツダスタジアムでの広島10回戦の八回にプロ初登板を果たした。1回を投げて打者4人に15球、1安打無失点だった。球速は最速で150キロをマークした。

1―10と大きくリードされた中でマウンドに上がり、先頭打者の坂倉に右前打を許した。後続は小園を右飛、磯村を中飛、中村健を二ゴロに抑えて得点を許さなかった。坂倉への初球は150キロを記録し、球場にどよめきが起きた。

立浪監督は起用について「(救援投手の)最後の1人が足りなかった」と説明。「真っすぐを狙われたが、簡単に四球を出さない。またこういう展開で投げることはあるかもしれない」と説明した。

4年目の根尾は大阪桐蔭高時代は2017、18年の選抜大会で優勝投手となり、投手としても注目を集めた。8日に阪神との2軍戦(甲子園)で公式戦初登板した。野手の登板は、最近では20年8月の阪神戦で巨人の増田大輝内野手が打者3人に投げた。

会員限定記事会員サービス詳細