集団的自衛権で同盟強固に 安倍元首相が意義訴え

大阪府泉佐野市で講演する安倍元首相=21日午後
大阪府泉佐野市で講演する安倍元首相=21日午後

自民党の安倍晋三元首相は21日、大阪府泉佐野市で講演し、ロシアのウクライナ侵攻に絡み、集団的自衛権の行使を可能にするため自身の政権で成立させた安全保障関連法の意義を訴えた。ウクライナが北大西洋条約機構(NATO)に加盟していれば侵攻を受けなかったとして「集団的自衛権を行使し合うことができれば、外国から戦争を仕掛けられない。日本は米国と助け合う力強い同盟になった」と述べた。

菅義偉前首相も滋賀県草津市での講演で、野党が「戦争法案」などと批判して安保関連法に反対した経緯に触れ「無責任なことを言っている人たちに参院選で負けるわけにはいかない」と語った。

会員限定記事会員サービス詳細