露、米の963人入国禁止 ウクライナ関連制裁に報復

ロシア外務省はバイデン米大統領を含む計963人の米国人のロシア入国を禁止した
ロシア外務省はバイデン米大統領を含む計963人の米国人のロシア入国を禁止した

ロシア外務省は21日、バイデン米大統領を含む計963人の米国人のロシア入国を禁止すると発表しリストを公表した。ウクライナ侵攻を背景とした米国の対露制裁への報復措置。

バイデン氏やブリンケン国務長官、バーンズ中央情報局(CIA)長官らは今年3月に既に入国禁止対象になっており、今回追加分を含めたリストを発表した。リストには閣僚や上下両院議員らが含まれている。

ロシア外務省の声明は「ロシアは衝突は望んでおらず、米国との誠実な、互いを尊重し合う対話に門戸を開いている」としている。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細