現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

5月21日

ロシアのウクライナ侵略に関する中国の元外交官の論評に、まさか膝を打つことがあろうとは思わなかった。「(ロシアの敗北で)日本とドイツは、第二次世界大戦の敗戦国という束縛から完全に脱却する」。高玉生・元駐ウクライナ大使が中国政府系シンクタンクで述べた言葉である。

▼論評を掲載したインターネット上のサイトは、既に削除された。2月4日の北京冬季五輪開幕式に出席したロシアのプーチン大統領に、「(中露の)友情に限界はない」と約束している習近平国家主席にとり、ロシアの完敗を予測した論評は都合が悪かったからだろう。

▼同時に、高氏が指摘した日本の在り方の転換も、中国には決して歓迎できまい。中国は事あるごとに歴史問題を持ち出しては日本を敗戦国の枠組みに固定し反省を強いてきた。そんな自国を優位に置くための長年の戦略が、崩れてしまうからである。

ランキング

  1. 【産経抄】7月1日

  2. 【主張】日本とNATO 平和へ地球規模の協力を 首相は防衛強化の約束果たせ

  3. 【宮家邦彦のWorld Watch】因果応報のバイデン政権

  4. 【産経抄】6月30日

  5. 【直球&曲球】葛城奈海 お米の力で日本を強くする

  6. 【正論】「第2の開国」に向け制度設計を 日本財団会長・笹川陽平

  7. 【浪速風】フェルメールの絵で謎解きを

  8. 【主張】参院選と年金 不安解消の具体的道筋を

  9. 【論壇時評】5月号 「国体の護持」へ努力が問われる 論説委員・宇都宮尚志

  10. 【浪速風】やっぱり常態化した中露軍艦の「津軽」通過

会員限定記事