現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

千利休500年

レジェンドの誕生 才覚見抜いた織田信長

天正2(1574)年、奈良・東大寺の正倉院は109年ぶりの出来事を迎えていた。奈良時代に渡来したとされ、正倉院の奥に眠る天下一の香木「蘭奢待(らんじゃたい)」の切り取りだ。

天皇の許可を受け正倉院の扉を開いたのは織田信長。信長は切り取った2片のうち1片を正親町(おおぎまち)天皇に献上、残る1片を大阪・堺の商人2人に切り分けている。2人とは津田宗及、そして千利休。堺商人の中で利休が格別な存在として名を成すきっかけになった。

当時、堺商人では津田宗及と今井宗久が双璧をなしていた。宗及は西日本一帯に商売を広げていた豪商で茶人、岐阜城の茶会で信長に歓待されたほどの人物だ。同様に茶人でもあった宗久は鉄砲の調達で信長に貢献し、莫大(ばくだい)な財を成していた。

一方、利休は商人としての知名度や財力では2人に及ばなかったとみられる。裏千家の一般財団法人が運営する茶道資料館の筒井紘一顧問は「利休は名物と呼ばれる道具は持たなかったが、香炉を焚くなど趣向を凝らした茶会を開いていた。名物披露とは違う、人間性のみえるお茶を信長は気に入ったのでは」とみる。相手の思いをくみ取った接待ができる器用さ。信長は、茶人としての能力と可能性を買った。

天下人とお茶

戦国時代、天下人とお茶は密接に結びつく。永禄11(1568)年、上洛を果たした信長に、松永久秀は茶入「九十九髪茄子(つくもなす)」を差し出し、大和(奈良県)の支配権を認めさせた。室町幕府3代将軍、足利義満にルーツをもつ大名物の茶入だ。

ランキング

  1. 「電話も、決済もできない…」利用者困惑 KDDI通信障害

  2. 【ヒューリック杯棋聖戦】藤井棋聖、永瀬王座が千葉・木更津の会場に到着 第3局あす開催

  3. 別府湾で水爆実験の痕跡確認、東大など 人新世の基準地候補

  4. 泉ピン子さん、野村昭子さんを悼む「アドリブが面白すぎてよく噴き出していた」「どんな時も真っすぐ」

  5. 【話の肖像画】「すしざんまい」喜代村社長・木村清(3) 窮地、銀座のママに救われた

  6. 【山本一力の人生相談】いじわるな義父に会いたくない

  7. 【クローズアップ科学】米中の競争激化 「月探査元年」に日本が目指すこと

  8. 塩野義コロナ飲み薬、審議の行方は 厚労省「難しい判断」有効性推定が焦点

  9. 医師に聞いた!貧乳・巨乳になる理由

  10. 【話の肖像画】「すしざんまい」喜代村社長・木村清(2) 築地とともに栄枯盛衰、恩返しの時が…

会員限定記事