シュレーダー独元首相の特権剝奪 親ロシアに批判

ドイツのシュレーダー元首相
ドイツのシュレーダー元首相

ドイツ連邦議会(下院)の予算委員会は19日、シュレーダー元首相から議会内の事務所を使用する権利を剝奪すると決めた。シュレーダー氏はロシアのプーチン大統領と親しく、ウクライナ侵攻後もロシアの複数のエネルギー企業幹部にとどまったままで、国内外で批判が高まっていた。

現政権与党の社会民主党のシュレーダー氏は1998~2005年に首相を務めた。退任後はロシア産天然ガスをドイツに送るパイプライン運営会社の幹部やロシア国営石油最大手ロスネフチの会長などに就任し、巨額報酬を得ていた。

ドイツメディアによると侵攻後も辞職せず、SPDは離党を勧告。ドイツでは、首相経験者は公費で運営する事務所を持つことが認められている。メディアによると、職員の人件費など年間約40万ユーロ(約5400万円)がかかっていた。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細