JAの精米工場にハトとフン 大阪・守口市などが給食納入を中止

大阪府枚方市のJA北河内の精米工場にハトが入り込むなどして衛生管理上の問題があったとして同市保健所が20日、立ち入り調査に入ったことが分かった。同JAは近隣市の学校給食などに白米を出荷しており、守口市と寝屋川市は23日以降の小学校給食について別の納入業者やパンに切り替えると発表した。

守口市によると、17日の給食で児童1人が食べた米飯にホチキスの芯が入っていた。混入経路を調べようと米を製造出荷した同JAの精米工場に立ち入ったところ、ハトが入り込み、機械や袋の上などに大量のフンや羽が落ちていることを確認した。JAは「数日前にドアが壊れて入ってきていた」と説明したという。

枚方市保健所は「調査結果をもとに今後の対処を判断する」としている。

精米所にハト、JA北河内がおわび

会員限定記事会員サービス詳細