岸防衛相、北ICBM発射「近日中に可能性」

岸信夫防衛相(矢島康弘撮影)
岸信夫防衛相(矢島康弘撮影)

岸信夫防衛相は20日の記者会見で、北朝鮮による大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射を念頭に、「近日中に北朝鮮が更なる挑発行動に出る可能性がある」との見解を明らかにした。核実験については「今月中にも準備が整う可能性がある」との見通しを改めて示した。

岸氏は、韓国の情報機関が北朝鮮によるICBMへの燃料注入について韓国国会で報告したことについて「情報を共有し、連携している」と言及。その上で「近日中に長射程の弾道ミサイル発射を含め、北朝鮮が更なる挑発行動に出る可能性があると考えている」と述べた。また、北朝鮮の核実験についても「早ければ今月中にも核実験を行うための準備が整う可能性がある」と改めて述べた。

北朝鮮国内では新型コロナウイルスの感染拡大が進んでいるとみられるが、国内事情と関係なく、20日からのバイデン米大統領の日韓両国訪問に合わせ、ICBM発射や核実験を強行する可能性があるとみて、日米韓各国政府は警戒を強めている。

会員限定記事会員サービス詳細