露、フィンランドへのガス21日に停止 NATO申請で報復か

天然ガスのパイプラインとフィンランド国旗(ロイター)
天然ガスのパイプラインとフィンランド国旗(ロイター)

インタファクス通信などによると、露天然ガス輸出企業「ガスプロム・エクスポルト」は20日、フィンランドのガス企業「ガスム」に対するガス供給を21日朝に停止すると通知した。露通貨ルーブルでの代金支払いを拒否したためだとしているが、北大西洋条約機構(NATO)への加盟を申請したフィンランドへの報復措置の可能性がある。

ガスムは声明で「こうした状況への準備はしてきた」と表明。今後数カ月のガス供給に問題はなく、エストニアと連結しているパイプラインを通じて他の供給源から調達を続けられるとしている。

また、インタファクスによると、ショイグ露国防相は20日、フィンランドとの国境地帯を管轄する西部軍管区に12部隊を年内に新設して配備すると発表した。同国のNATO加盟申請に伴う緊張の高まりへの対応としている。具体的な部隊の人員規模には言及しなかった。

会員限定記事会員サービス詳細