渡辺名人が3連覇に王手 名人戦第4局

第80期名人戦七番勝負第4局で2日目の対局に臨む渡辺明名人(右)と斎藤慎太郎八段=20日、山口市(日本将棋連盟提供)
第80期名人戦七番勝負第4局で2日目の対局に臨む渡辺明名人(右)と斎藤慎太郎八段=20日、山口市(日本将棋連盟提供)

将棋の渡辺明名人(38)=棋王=に斎藤慎太郎八段(29)が挑戦している第80期名人戦七番勝負の第4局が19、20の両日、山口市で指され、後手の渡辺名人が100手で勝ち、対戦成績を3勝1敗として3連覇に王手をかけた。

2期連続挑戦で初の名人獲得を目指す斎藤八段はあとがなくなった。

第5局は28、29の両日、岡山県倉敷市で行われる。

終局後、渡辺名人は「形勢判断が難しい将棋だった。次(第5局)は来週あるので、考えて臨みたい」、斎藤八段は「次(第5局)もすぐに来るので、気持ちを切り替えてやっていきたい」と、それぞれ話した。

会員限定記事会員サービス詳細