米原子力空母が横須賀出港 日本との同盟、意義強調

共同訓練する米海軍の原子力空母ロナルド・レーガン(左)と海上自衛隊の護衛艦てるづき=関東南方の太平洋(海上自衛隊提供)
共同訓練する米海軍の原子力空母ロナルド・レーガン(左)と海上自衛隊の護衛艦てるづき=関東南方の太平洋(海上自衛隊提供)

米原子力空母ロナルド・レーガンが20日、長期航海のため、拠点とする米海軍横須賀基地(神奈川県横須賀市)を出港した。出港に際して記者会見した第5空母打撃群司令官のドネリー少将は「米海軍と海上自衛隊の関係は大変強固で、インド太平洋地域の安全と平和に貢献してきた」と日米同盟の意義を強調した。

ドネリー少将は今回の任務について、周辺海域のパトロールと説明。ロシアによるウクライナ侵攻を受けた「特別な任務はない」と述べた。

また、横須賀市は同日、米西部サンディエゴが母港の原子力空母エーブラハム・リンカーンが21日に横須賀基地に寄港すると発表した。同基地を母港としない米空母の寄港は2年連続となる。

日米は、北朝鮮や海洋進出を活発化させる中国をにらみ連携を強化している。レーガンも関東南方の太平洋で8~16日、海自と共同訓練を実施した。

会員限定記事会員サービス詳細