カナダ、5G通信網からファーウェイなど排除 米欧に追随

フランス・パリにあるファーウェイのオフィス=2021年2月(ロイター)
フランス・パリにあるファーウェイのオフィス=2021年2月(ロイター)

カナダ政府は19日、第5世代(5G)移動通信システムから、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)と中興通訊(ZTE)の製品を排除すると発表した。日米欧では排除が進んでおり、カナダも足並みをそろえる。

2社の製品の新規利用を禁じ、現在設置している機器の使用も2024年6月までに終える。第4世代(4G)についても、27年末までに使用を禁止する。2社について、カナダ政府は安全保障上の懸念があるとした上で、ファーウェイなどが「カナダの法律に違反したり、利益を損なったりする外国政府からの指示に従う可能性がある」と指摘した。

ファーウェイをめぐっては、米国が19年に政府調達を禁じ、20年には同社製品やサービスを使う企業と米政府の取引も禁止した。英国などが追随し、日本政府も政府調達から事実上排除している。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細