石油関税「制裁意味ない」 萩生田経産相、米提案に

萩生田光一経産相
萩生田光一経産相

萩生田光一経済産業相は20日の閣議後の記者会見で、米国がロシア産石油に関税を課す案を提案していることについて「制裁ということであれば、あまり意味がない気がする」と述べた。

萩生田氏は理由として、関税を支払うのは輸入者であり、ロシア側ではないと説明した。その上で、先進7カ国(G7)で合意したロシア産石油の原則禁輸を「適切に進めていく」と語った。

会員限定記事会員サービス詳細