現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

火に燃えて動きし 与謝野晶子

(中)コロナの〝失政〟100年前に見通していた晶子

与謝野晶子(最後列左端)と文化学院の生徒たち(堺市博物館蔵)
与謝野晶子(最後列左端)と文化学院の生徒たち(堺市博物館蔵)

新型コロナウイルスの感染拡大が始まった一昨年、思わぬ形で与謝野晶子が脚光を浴びた。およそ100年前に起こったスペイン風邪の流行で、晶子は後手に回る政府の感染対策を批判する評論を新聞に発表する。歌や詩と同様、評論でも自分の思いを率直にぶつけるスタイルは変わらず、時事問題や婦人問題をめぐる晶子の発言は現代にも通じる問いを投げかけている。 ※火に燃えて動きし…晶子の代表的な詩「山の動く日」の一節。自立に向け動き出す女性たちを火山にたとえた

大正7~10年に国内で3回の流行を記録したスペイン風邪。晶子の評論は、第1波が猛威をふるった時期にあたる大正7年11月10日付の「横浜貿易新報」(神奈川新聞の前身)に「感冒の床から」という表題で掲載された。

「今度の風邪は世界全体に流行って居るのだと云います。風邪までが交通機関の発達に伴(つ)れて世界的になりました」との書き出しで始まる文章は、子供が小学校で感染したことをきっかけに晶子一家も次々と感染した状況を説明した上で、学校の感染対策について論を進める。

「どの幼稚園も、どの小学や女学校も、生徒が七八分通り風邪に罹って仕舞って後に、漸く相談会などを開いて幾日かの休校を決しました」と、事態が深刻化してから動き出す学校側の対応を「盗人を見てから縄を綯(な)う」式の便宜主義と批判。

同年、物価暴騰への不満から各地で起こった「米騒動」をきっかけに政府は5人以上集まって歩くことを禁じたのに、今回はなぜ「多くの人間の密集する場所の一時的休業を命じなかつたのでせうか」と皮肉交じりに問いかける。また、多くの人が集まる場所へ行くなと警告しながら、休業を命じていないなど不徹底な感染対策のため「国民はどんなに多くの避らるべき、禍を避けずに居るか知れません」と憤っている。

「感冒の床から」が掲載された「横浜貿易新報」大正7年11月10日付紙面(神奈川県立図書館蔵)
「感冒の床から」が掲載された「横浜貿易新報」大正7年11月10日付紙面(神奈川県立図書館蔵)

悲劇的な結果になるまで抜本的な対策を取らない、緊急時の矛盾に満ちた対応に振り回される―。

ランキング

  1. 大阪・富田林の団地に2歳女児遺体 死亡の経緯捜査

  2. 電車に乗り合わせた18歳女性を尾行、強制性交未遂疑い 38歳男逮捕

  3. 男子大学生への準強制性交容疑でMBS社員逮捕 京都府警

  4. 【大阪から世界を読む】娘は洗濯機に入れて回され、唐辛子10本を口に入れられ、腹を20回以上踏まれて死んだ…韓国の「鬼母」、社会の無力

  5. しつこい勧誘で業務停止命令 神戸の住宅リフォーム会社 消費者庁

  6. 【教えて!goo】乳首から太い毛が!抜いてもOK?そもそもなぜ生える?

  7. 尼崎USB発見 委託業者、ダークウェブへの情報流出を調査

  8. 【関西の議論】失敗したら死…延暦寺の荒行「千日回峰行」、一日体験で悟ったこと

  9. 「ダメ。ゼッタイ。」の限界 市販薬過剰摂取の実態は

  10. 【ぬぐえぬ影 連続児童殺傷20年(上)】「命がけで来てんだよな」元少年A、直撃の文春記者に態度豹変 闇に消えたのは「モンスター」なのか

会員限定記事