細田議長がセクハラ報道否定 説明の意向

細田博之衆院議長=衆院議長公邸(同院提供)
細田博之衆院議長=衆院議長公邸(同院提供)

山口俊一衆院議院運営委員長(自民党)は20日の議運委理事会で、週刊文春に女性記者へのセクハラ発言を報じられた細田博之衆院議長が山口氏に対し「まったく事実と違う。週刊誌には厳重に抗議したい」と述べたと説明した。細田氏は何らかの形で自ら説明する意向を示しているという。山口氏が記者団に明らかにした。

19日発売の週刊文春は、細田氏が女性記者に対し、深夜に自宅に誘うなどのセクハラと受け止められかねない行為をしたと報じた。

立憲民主党など野党は国会での説明を求め、攻勢を強めている。立民の泉健太代表は20日の記者会見で、衆院議長不信任決議案の提出について問われ、「あらゆることが考えられる」と述べ、否定しなかった。

細田氏をめぐっては、他にも衆院小選挙区定数の「10増10減」に関し、「地方いじめのようだ」と否定的な見方を示したほか、「議長になっても、毎月もらう歳費は100万円しかない」といった発言が批判を集めていた。

会員限定記事会員サービス詳細