軽EVの号砲 日産と三菱自が180万円前後で発売

日産自動車と三菱自動車の新型軽EVの出荷式。グータッチする日産の内田誠社長(左)と三菱自の加藤隆雄社長=20日、岡山県倉敷市(黄金崎元撮影)
日産自動車と三菱自動車の新型軽EVの出荷式。グータッチする日産の内田誠社長(左)と三菱自の加藤隆雄社長=20日、岡山県倉敷市(黄金崎元撮影)

国内の新車販売の約4割を占める軽自動車の電動化の号砲が鳴った。日産自動車と三菱自動車は20日、共同開発していた軽の電気自動車(EV)を今夏に発売すると発表した。航続距離は約180キロで、補助金などを活用した実質負担額が180万円前後から。ホンダやスズキ、ダイハツ工業も令和7年までに軽EVを投入する方針で、日産・三菱自が先陣を切る。

日産と三菱自は20日、同社の水島製作所(岡山県倉敷市)で共同出資会社「NMKV」(東京都港区)が開発した新型軽EVの出荷式を行った。日産の内田誠社長兼最高経営責任者(CEO)は「日本のEVと軽自動車の歴史に新たな一ページを刻みたい」と意気込んだ。

日産モデルは「サクラ」で実質負担額が約178万円からで、三菱自モデルは「eKクロスEV」で約184万円から。日産が企画と車両開発、三菱自が生産を担当。車台の共通化や車載電池の共同調達などで車両価格を抑えた。20キロワット時のバッテリーを搭載し、1回の充電で約180キロ走行できる。外装と内装のデザインはそれぞれ異なる。

国内の軽EVをめぐっては三菱自が平成21年に「アイ・ミーブ」を販売したが、当時は価格が400万円台で普及しなかった。その後、電池の価格が安くなり、研究開発も進み、大幅にコスト改善した。

三菱自の加藤隆雄社長兼CEOは「求めやすい価格で自宅でも充電できる。安心して気軽に乗れる選択肢の一つだ」とアイ・ミーブとの違いを強調した。

脱炭素化の実現に向けて、国内の自動車大手は軽自動車のEVシフトを加速させている。ホンダは6年前半、スズキとダイハツ工業も7年までに新車の発売を計画している。

軽自動車は新車販売の約4割を占め、国内のEVシフトで重要な役割を担う。軽自動車は公共交通機関が不便な地方で生活の足となっており、各社とも価格を100万円台に抑えて普及を図りたい考えだ。

ただ、電池の価格は10年前よりも安くなっているものの、まだ高い水準にあり、車の価格を下げにくい環境にある。「コストを抑えるために電池容量を少なくすると、航続距離が短くなるため悩ましい」(自動車大手関係者)との声もある。

一方、中国メーカーは機能を落とした50万円を切るEVを販売しており、価格競争が激しくなっている。

国内の軽EVはまだ新車販売の1%未満。普及には充電インフラの拡充も欠かせず、国や自治体の補助金の継続も前提となる。

日産・三菱自は180万円前後の軽EVを投入し、先陣を切ったが、市場に受け入れられるのか。今後の国内のEV普及の大きな試金石となりそうだ。(黄金崎元)

会員限定記事会員サービス詳細