環境に優しく使いやすい「Solar Generator(ソーラージェネレーター)」が広げるアウトドアの可能性

アウトドアシーンはもちろん、停電時には非常用電源としても役立つJackery(ジャクリ)のポータブル電源のラインナップに、最大約1時間2000ワットの出力を可能にする大容量モデルが加わった。最近、注目を集めるソーラーパネルとポータブル電源のセット「ソーラージェネレーター」として商品を展開し、地球にもお財布にも優しいエコなシリーズがそろった。製造販売する「Jackery Japan」(東京都港区)によると、イベントや撮影現場などビジネスシーンでの利用も増えているという。

Solar Generator(ソーラージェネレーター)
Solar Generator(ソーラージェネレーター)

あらゆる家電が使えるポータブル電源

ポータブル電源という言葉になじみは薄くても、スマートフォンの充電などに使うモバイルバッテリーなら知っている人は多いだろう。ポータブル電源は、基本的にはモバイルバッテリーが大きくなったもの。ただ、USBで出力するタイプが多いモバイルバッテリーと異なり、ポータブル電源はAC出力が使えるものが多い。

さらに、同社のポータブル電源は家庭用コンセントのAC電源から流れている電流の波形である「純正弦波」のため、容量と出力の範囲内であれば家電のコンセントがそのまま使える。キャンプなどのアウトドアでも、パソコンからポータブル冷蔵庫、ドライヤー、IH調理機など、あらゆる家電をつなぐことが可能だ。

「不便を楽しむのがキャンプの楽しみではありますが、最近は手軽にキャンプ体験ができるグランピングもブーム。アウトドアの楽しみ方は人それぞれで、家電が使えるなら使いたいという人も増えています。ポータブル電源は不便を解消するひとつの手段です」と話すのは、自身もキャンプによく行くという同社事業統括部マーケティング課の平松孝太課長だ。

新商品の機能について説明する平松課長
新商品の機能について説明する平松課長

ひとりで行くなら小型のものを、家族で楽しむなら大型のものを。アウトドアをがっつり、しっかり楽しみたい人に向けて、これまで容量の異なる5種類のポータブル電源を用意していたが、新発売の「Jackery Solar Generator 2000 Pro」は、容量も使用回数の上限も増した。まさに、パワフルでサステナブルなルーキーの登場で、利用シーンに合わせた選択肢がより広まったというわけだ。

大容量だけじゃない、ソーラーパネル6枚で一気に充電

気になる新商品「Jackery ポータブル電源 2000 Pro」の実力はいかほどか。まず驚くのは、2200ワットという圧倒的な定格出力(安定して出力し続けられる電力量)だ。従来品で最大だった1800ワットと比べ、一気に大きくなった。あらゆる家電に対応でき、1時間に2000ワットの電気量を使用できる大容量も魅力。例えば一般的なスマートフォンでは、約110回(従来品では最大約74回)の充電が可能となる。

ACアダプターが内蔵となったため、ケーブルをつなぐだけで充電でき、関西と関東で異なる周波数も切り替えられるようになった。これは、「お客さまのご要望を受けて、設定できるようにしたんです」(平松課長)という。

バッテリーのマネジメントなどの安全面も進化。過電圧、過電流が起きた際は、電源を落とすなどの保護機能がセンサー部品を増やすことにより、これまでより強化された。フロントパネルのディスプレイもアップグレードされ、あとどのくらいの容量が使えるかが分かりやすく表示されるのはありがたい。モールス信号で「SOS」が発信できるライトも追加され、「もしも」の事態にも対応できる。

持続可能な社会を実現するため、新商品の投入に当たっては地球環境にも配慮した。日本ではこれまでオプションとして扱われがちだった充電用のソーラーパネルを、ポータブル電源とセットの「ソーラージェネレーター」として商品の主軸に位置付けたのだ。ソーラーパネルは折りたたんで持ち運べるため、出先での充電が可能。電気代の節約になるだけでなく、排ガスを出さない発電方法のため環境に優しい。

6枚のパネルを広げて充電する様子(Jackery Japan提供)
6枚のパネルを広げて充電する様子(Jackery Japan提供)

「Jackery ポータブル電源 2000 Pro」にはソーラーパネルが最大6枚まで接続でき、天候にもよるが、6枚なら最速2.5時間で充電が完了する。「ソーラーパネルによる充電は時間がかかる」というイメージを持つ人もいるかもしれないが、日中の数時間で完了するので、長期間のアウトドアでも、バッテリー残量を気にせずポータブル電源が使える。

難点は横幅約1.2メートルのパネルを6枚広げるとかなりの面積が取られることで、使う場所に合わせて広げる枚数を調整する必要がある。また、大容量の「Jackery ポータブル電源 2000 Pro」は約20キロの重さがあるため、持ち運びには工夫が必要だ。

充実のアフターケアで購入者の支持高く

2012年に米国で誕生したJackery。19年9月に日本法人を設立し、「リーディングカンパニーとして、ポータブル電源の認知度を上げる活動をしてきました」(平松課長)。そうした活動が奏功し、ブランド力は年々増している。

昨年10月には、通販サイト「アマゾン」の利用者が出品者を評価する「出品者アワード」で、イノベーティブブランド賞を受賞。楽天などのECプラットフォームでの評価も高い。商品の安全性はもちろん、外資系企業では珍しい電話窓口もある充実したカスタマーサポート、使いやすい設計やデザイン性の高さなどが支持された結果といえる。「ジャクリ・オレンジ」として親しまれている特徴的なオレンジ色をあしらったスタイリッシュなデザインは、国際的なデザイン賞も受賞している。

ポータブル電源の後ろにトロフィーや賞状が並ぶ
ポータブル電源の後ろにトロフィーや賞状が並ぶ

災害が多い日本では、ポータブル電源は防災用品としても注目されており、同社の製品は防災安全協会の推奨品認証も受けている。宮城県と福島県で震度6強を観測した3月16日夜の地震により起きた東京周辺の停電の後には、問い合わせが一気に増えたという。

番組ロケやキッチンカー…新たな使い方続々

製品のブランド力が増す一方で、意外な「ジャクリ・オレンジ」も誕生している。

「食品ロスの削減に取り組む『フリフル』と共同で、これまで廃棄されていた熊本の規格外みかんをドライフルーツに加工するプロジェクトを始めたんです」と発案者でもある平松課長。フードロス削減だけでなく、焼却処分されていたみかんを製品に加工することで、温暖化の原因とされるCO2削減にもなる。

製品活動以外でも環境問題に正面から取り組む同社のプロジェクト「ジャクリ・グリーン」から生まれた、ドライフルーツの「ジャクリ・オレンジ」。販売はせず、取引先などにプレゼントしている貴重なオレンジだ。

もちろんこの活動の中でも、本家の「ジャクリ・オレンジ」が活躍している。みかんの枝の剪定に使うチェーンソーが、ソーラージェネレーターの導入で電動化でき、作業効率が上がったのだ。農家の屋外作業のほか、テレビ番組のロケ、DIY、キッチンカーやイベント会場での利用など、音や排ガスが出る発電機に代わり、ポータブル電源が重宝される現場は多い。

「新商品はパッケージも一新され、よりパワフルでサステナブルな製品になりました。私たちも知らない使い方を、ぜひ教えていただきたいです」と平松課長。環境に優しく、さまざまな利用方法に対応する同社のソーラージェネレーターは、遊びでも仕事でも、あらゆる野外活動の可能性を広げてくれる。

ソーラージェネレーターは様々なシーンで利用可能だ(Jackery Japan提供)
ソーラージェネレーターは様々なシーンで利用可能だ(Jackery Japan提供)
Jackery Solar Generator 2000 Proの購入はこちらから
Jackery ポータブル電源 2000 Proの購入はこちらから

提供:株式会社Jackery Japan

会員限定記事会員サービス詳細