4回目接種25日から開始 コロナワクチンで後藤厚労相

新型コロナウイルスワクチンの接種を受ける人=東京・大手町
新型コロナウイルスワクチンの接種を受ける人=東京・大手町

後藤茂之厚生労働相は20日の閣議後の記者会見で、新型コロナウイルスワクチンの4回目接種を25日から始めると発表した。20日、必要な政令改正を閣議決定した。4回目接種は60歳以上と、18歳以上で持病がある人や重症化リスクが高い人が対象。厚労省は今月末から実施する方針を示していた。

後藤氏は「厚労省として、4回目接種を円滑に開始できるよう引き続き自治体と緊密に連携しながら取り組んでいく」と述べた。 4回目接種は重症化予防を目的に、ファイザー製とモデルナ製ワクチンを使い3回目から5カ月以上の間隔を空ける。

60歳以上には接種券が届くが、18~59歳は送付方法が自治体ごとに異なる。対象に該当する人が自分で自治体に申請する必要がある例や、対象外の人にも一律に券が送られてくる場合がある。厚労省は自治体の窓口に確認したり、広報などの情報に注意したりするよう呼びかけている。

会員限定記事会員サービス詳細