参院山形選挙区、自民が独自候補擁立へ 見送り一転

自民党の森山総務会長代行
自民党の森山総務会長代行

自民党が夏の参院選山形選挙区(改選数1)について、独自候補を擁立する方針を固めたことが19日、分かった。複数の党幹部が明らかにした。政策面で連携する国民民主党の現職に配慮し、擁立を見送る方向だったが、山形県連をはじめ党内の反発が強いことなどから方針転換した。

参院山形選挙区では、3選を目指す国民民主の舟山康江筆頭副代表が出馬を予定。自民は、国民民主が今年度予算に賛成したことなどに配慮して独自候補の擁立見送りで調整し、舟山氏を推薦する案も浮上した。

もともと党内では「候補者を立てないのは異常」(森山裕総務会長代行)などと擁立見送りを疑問視する声が広がっていたが、舟山氏が野党候補として選挙に臨む考えを繰り返し強調していることで主戦論が強まった。

山形は遠藤利明選対委員長のお膝元なだけに、「擁立できなければ遠藤氏の責任論が火を噴く」(党幹部)との声も出ていた。

今後、山形県連を中心に擁立作業を急ぐが、元県議らが有力視されている。

会員限定記事会員サービス詳細