9条への自衛隊明記で対立 自民は議論推進、立民反対

開かれた衆院憲法審査会=19日午前、国会内(矢島康弘撮影)
開かれた衆院憲法審査会=19日午前、国会内(矢島康弘撮影)

衆院憲法審査会は19日、安全保障をテーマに討議を実施した。自民党の新藤義孝氏は自民の憲法改正案4項目に盛り込んだ9条への自衛隊明記について「必要最小限度の範囲内で自衛権行使が許されるという憲法上の制約は全く変わらない」と述べ、議論推進を主張した。立憲民主党の奥野総一郎氏は自民案に関し、自衛隊の役割が不明瞭などとして反対を表明。意見が対立した。

新藤氏は必要最小限度の自衛力について、国際情勢や日本の脅威となる他国の戦力に応じて変えるべきだとも指摘した。安保の議論は国の根幹に関わるとして、意見の対立があっても議論を深めるよう求めた。

奥野氏は自民案の自衛隊の位置付けを巡り「何をするための組織か書いておらず、かえって混乱を招く」と強調。9条改正ありきの議論には断固反対だと重ねて訴えた。

会員限定記事会員サービス詳細