900万円出金の日も、誤給付で逮捕の男

山口県阿武町役場
山口県阿武町役場

山口県阿武町が誤って振り込んだ新型コロナウイルス対策の臨時特別給付金4630万円の一部を使用したとして、電子計算機使用詐欺容疑で逮捕された同町福田下、無職、田口翔容疑者(24)が自身の口座から一日に最大900万円超を出金していたことが19日、代理人弁護士への取材で分かった。入金日から連日出金しており、県警は裏付け捜査を進める。

代理人によると、町は4月8日に正規の給付金10万円に加え、4630万円を容疑者の口座に振り込み。容疑者は同日から19日までに34回にわたって計約4633万円を出金しており、1日当たりの額は約67万~約923万円だった。

主な出金先は国内の決済代行会社3社で、代理人は「決済代行会社を通じ、海外の口座に金が流れたのではないか」と話している。

県警によると、田口容疑者は「オンラインカジノに使った」と話し「町から誤って振り込まれたと分かっていた」という趣旨の供述もしている。

会員限定記事会員サービス詳細